シルク印刷

シルク印刷

シルク印刷とは、孔版をスクリーンとして印刷対象を覆い、孔からインクを付けて印刷する方法です。このため、シルク印刷はシルクスクリーン、スクリーン印刷ともいいます。パッド印刷と違い、広範囲の印刷が可能なのがシルク印刷の特徴です。
シルク印刷の際に使われる版は、メッシュ状の幕(スクリーン)に感光剤を塗布してからフィルムを焼き付け、現像処理を行います。 シルク印刷の際には、これによってできた孔が使用されます。
このシルク印刷では、布やプラスチック、金属、ガラスにも印刷することが可能となります。

「某家電メーカー様のフィルター」

不織布に印刷しているフフィルターです もちろん、インキも環境基準にあっているものを使用しています。

「巾着袋に印刷」

産婦人科でお渡ししている巾着です。 オレフィン系の素材で2重構造になっているので、印刷するにはやっかいな品物ですが、当店の技術なら美しく印刷することができます。

印刷の様子